全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

29年度一級建築士設計製図試験 合格した受講生からの声 その3

受講生から続々と、合格の声が寄せられています。講師をはじめ、事務局一同、嬉しく思います。今回も、その一部をご紹介します。

  1. 通信で受講していました。動線がうまく出来ていなければ合格はないとの講師の赤ペン添削で目が覚めた気がしました。建物を使用する人の立場で図面を描ければ自ずと合格するんだと言うことを学びました。添削して頂いた講師様、また、全日本建築士会の皆様、ありがとうございました。
  2. ゾーニングの重要性を教えていただき、例題を通して身についた結果がでたのかなと思います。ありがとうございました。
  3. 先生方には毎回丁寧に指導、解説頂きましたので、私の仕事の範疇ではない知識が一級建築士製図試験で必要でしたが、大変分かり易く学ぶ事が出来ました。ありがとうございました。
  4. 今回角番受験で、それまでは大手の資格学校に通っておりましたが、時間の拘束が長く体力的にきつかったので全日本建築士会に通うことに決めました。図面の書き方はほとんど教えてくれないので初受験の人だとついていくのがしんどいと思いますが、過年度生ならすぐに課題に取り組めるのでよかったです。特に良かったと感じたのは、設備に関するチェックがきめ細かく、私は特に設備知識が少なかったので大変ありがたかったです。ありがとうございました。
  5. 長期製図の授業を受けました。本試験と似た練習問題をやったことで、エスキスをまとめられ、セキュリティ及び部門分けを十分に検討することができた。他の学校とエスキスのやり方が違っていて、全日本のやり方が自分に合っていたのも、良かったです。
  6. 講師、内容、課題数、講義ペース、受講料等について、すべて自分に合っていたと感じております。おかげさまで合格することが出来ました。ありがとうございました。
  7. 様々なパターンの課題を解いていたので、本番でもあせらずエスキスをまとめることが出来ました。
  8. 合格出来ました、ご指導いただきました先生方、ありがとうございました。
  9. 初受験で、8月上旬から勉強を始めたため、何もかも分からない状態のスタートでしたが、課題を1つ1つこなす中で着実に実力をつけることができました。
  10. 分からないことは先生に直接聞くことができたので、理解が深まりました。また、講座で取り組んだ課題はバリエーションが豊富で、本番の試験問題と似た課題があったため、本番も焦ることなく対応することができました。本当にありがとうございました。
  11. 長期設計製図担当のY先生には親切に指導していただいて 合格することができました。 以前、他の講習機関を利用していましたがあまりにも高額であるため、ネットで全日本建築士会の情報を得まして、講習内容を比較すると全日本建築士会が定額にも関わらず、指導内容は遜色がなく非常に得をした気分になりました。全日本建築士会に申込みをして合格したことを誇りに思います。
  12. 合格して良かったです。色々とありがとうございました。

www.kenchikukouza.org