全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

29年度一級建築士設計製図試験 合格した受講生からの声 その2

受講生から続々と、合格の声が寄せられています。講師をはじめ、事務局一同、嬉しく思います。今回も、その一部をご紹介します。

  1. 値段に対して期待以上の課題内容と量でした。実際の試験と類似の問題も出たのでとても良かったです。
  2. 一発合格することができました。ありがとうございました。
  3. おかげでさまで、無事合格することが出来ました。長期コースに申込んだものの、仕事で出席出来ないこともありましたが、丁寧なご指導と、フォローのおかげで、本試験にはある程度自信を持って挑むことができました。先生には、大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。
  4. 10月ごろからテキストをいただいて勉強を始め、1月から学科、製図と通いましたが、やはり独学とは違い効率的に勉強することができたと思います。特に製図は今回初めてで、8月から取り組んだのですが、課題もいろいろ想定して出題いただいたので本番も落ち着いてできたと思います。特に露天風呂課題は助かりました。
  5. 課題量が適量だった。他の大手資格学校の知人と話をしていると、けっこう大量の課題が出ていたらしく、こなすのに一杯一杯という話を聞いていたので、同じ課題を数回こなして力がついたかと思う。解いた課題への指導は、厳しく指導してもらえたので、自身の弱点をフォローしていただけたかと思う。学科講座から引き続きN先生、T先生に御礼申し上げます。長期にわたりご指導ありがとうございました。
  6. 正直、今回の製図試験では角番で向かえました。過去の2回の試験に比べ、今回は要求内容が多く、いつも以上に作図時間を要し、また細かな指示が多く、過去2回に比べれば難しい試験だと思いました。私のほうは、長期製図に通わせて頂き、本当にいろいろと勉強になりました。他社の講座もありましたが、格安の金額で受講でき、経済的にも大変助かりました。今思えば、練習課題に似ているところも部位ごとであり、助かったと思いました。最後になりますが、私は関西教室でしたが、先生方には大変よく御指導頂き、本当にありがとうございました。いろいろと資料を提供していただいたりして、お陰で力がつき合格でき大変感謝しております。
  7. 総合コースで、学科講座から受講しました。少人数で質問しやすく、土日の教室移動もスムーズでストレスなく受講することができ、とても良かったです。どの講師の方も親切丁寧でした。学科では、特に講義が分かりやすく、レジュメのまとめ方が素晴らしかったのはT講師でした。計画の勉強においてはT講師の資料のみで試験に挑み、9割近くの得点を得られました。また、製図では全10回の講義の中で試験のポイントを分かりやすく教えてくださったH講師には本当に感謝しております。自分が受かったことに未だ実感がないのですが、全日本建築士会に通わなければ合格は難しかったと思います。講師の方々をはじめ、スタッフ皆様のフォローに感謝しております。ありがとうございました。

www.kenchikukouza.org