全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

「学科強力サポート教材」の有効活用法!

一級、二級建築士の学科試験合格を目指し、当会の学科系の講座(総合コース)をお申込みされた方に、12月28日までの期間限定特典として差し上げている「学科強力サポート教材」というものがあります。 (現在の受講生のみなさんは、もう既に活用していますね!!)

 

このサポート教材。単刀直入にいえば、

一級であれば84時間分、二級であれば72時間分の、DVDとテキスト教材(問題集、法令集も含む)が、セットになっているものなんです。

ほぼ「1年分の講義時間数」のDVDとなります!

 (※下図の写真のテキストは二級建築士のものですが、一級建築士も同じようなイメージをもっていただければと思います。)

f:id:zenchikai:20161209212632j:plain

それでは、この「サポート教材」。

どうやって活用すればいいの?

ちょっと多すぎない?消化不良になるんじゃ??

そんな疑問をもつかもしれませんね。

 

そこで、お答えします!

このDVD教材は、来年1月開講の講座の予習用として活用できることはもちろんですが、

特に、「本試験日の直前までの復習用」として活用することができます!

 

実際に、これまでの受講生からも、

「サポート教材DVDで1年分を先に学習できたことはとてもよかったです。わたしの場合は、実授業と合わせて復習にも活用したので2年分受けた感覚でした。ありがとうございました。」

等の声を多数いただいております。

 

70時間以上もあるDVDですから、全部視聴する時間を確保するのは、とても大変だと思います。

大切なのは、いかに、教材を有効に活用して、「自分に合った学習スタイル」を確立して、そのスタイルを継続できるかどうかです!

 

なので、無理に全部視聴する必要はありません

例えばですが、

  1. ご自身の「苦手な科目や分野のみ」を視聴して、とことん「弱点項目」を無くしていくためだけに活用する!
  2. 通学コースで講義を受けた後、帰宅して、今日学んだ箇所のカリキュラムを確認して「それに該当するDVDを復習として視聴」して、知識を定着させる!
  3. 逆に、毎週の講義の前に、「サポート教材DVDで予習」してから、講義に臨んで、講義自体を「復習の場」として、知識を定着させてしまう!

などなど、いろいろな活用法があるんです。

 

みなさん、それぞれの学習スタイルに合わせた使い方次第で、幾通りにも有効に活用できる!

それが、「強力サポート教材」なんです。

 

すでに当会の学科講座を受講されている皆さんは勿論のこと、これから受験勉強をスタートしようと考えておられる方、この「サポート教材」を自分なりに有効活用することで、日々の学習習熟度が何倍にもアップするのではないでしょうか! 

とにかく、今すぐスタートすることが大切です!がんばりましょう!