読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは、原則として毎週金曜日更新を予定しています。当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

建築基準法における、仕様書的規定と性能書的規定

新傾向メモ

従前の建基法は「もの」の造り方を細かく規定する仕様書的規定が主でしたが、近年の技術進歩、規制緩和、国際化等の状況から、造られる「もの」の有すべき性能レベルそのものを規定する性能書的規定が大幅に取り入れられるようになってきました。

このため、従前は施行令に定められていた仕様書的規定を告示に移し、施行令には、新たに性能書的規定(技術的基準)を入れています。

なお、大部分の場合は、従前通りに仕様書的規定によると想定し、特別な設計等による場合に性能書的規定によると想定され、また性能書的規定による場合は、その設計の考え方が公的機関等によって認められることが必要です。