全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

平成21年度二級建築士学科試験の結果の公表

平成21年度試験

二級建築士学科試験の結果の公表 8月26日更新

講座トピックスでは、一般社団法人全日本建築士会(執筆は当会講座の総合監修者)による、
試験対策の情報をご紹介しています。

二級建築士
学科試験の
結果の公表
21年度の学科試験の内容は、学科 III (構造)と学科 IV (施工)は、ほぼ例年並みの難易度であったものの、学科 I (計画)と学科 II (法規)にはやや難度の高い問題が見られ、一部に計画の設備計画に関する問題等、一級建築士試験並みのレベルのものも見られました。

このため、合格基準点は学科によってはやや下げられるのではないかとも予想されましたが、結果的には、どの科目も例年並みの13点で、総合基準点も60点で特に合格基準点の調整はされませんでした。

他方、合格率は32.9%(20年度は37.5%)でやや低めであり、問題の難易度が高めであった点が反映されているとも言えます。但し、上記のデータに見られるように、全体的に例年に比して、データ上の大きな差異はなかったことから、一部の難問の出来、不出来は合否にさほど影響はなかったとも考えられます。
只今、資料請求の方に、合格を確実にするための、詳細な傾向と対策DVD(本講座総合監修・元 国土交通省室長による)を無料贈呈中!

 

当会の講座に資料請求された方には、当会講座の総合監修者による、重点事項対策の解説DVDを無料でプレゼントしています。