読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは、原則として毎週金曜日更新を予定しています。当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

平成21年度二級建築士設計製図試験の課題について

平成20年度1級建築士設計製図試験、本年度の課題発表される。

本年度の二級建築士設計製図試験の課題は、全国共通課題となってから2度目で、3年ぶりの鉄筋コンクリート造の課題で、また初めての3階建の課題となりました。

二級建築士
設計製図
近年の二級建築士試験の課題は、概して、内容が難化する傾向にあり、特にエスキース力が重要な要素となってきていますが、本年の課題で更にその傾向が顕著になると考えれます。

すなわち、住宅、店舗、工房という3つの部門からなる複合施設の動線をいかに整理して計画を作るかの力が試されることとなると考えられます。

特に商店街という環境からは比較的限られた敷地条件で、平面及び3階建の縦動線の明解な計画を作ることとともに、敷地へのアプローチ計画等も重要な要素となると考えられます。

以上のようなポイントの他、法規上の問題や製図力などについて、限られた期間で実力を養成するために、特に厳選された練習課題による効果的な課題で着実な準備が必要とされます。

当会講座に資料請求された方に、合格を確実にするための、詳細な傾向と対策DVD(本講座総合監修・元 国土交通省室長による)を無料贈呈しております。

 

当会の講座に資料請求された方には、当会講座の総合監修者による、詳細な傾向と対策DVDを無料でプレゼントしています。