読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは、原則として毎週金曜日更新を予定しています。当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

平成20年度二級建築士設計製図の課題について

建築士試験の講評
平成20年度2級建築士設計製図試験、本年度の課題発表される。

平成20年度二級建築士設計製図試験の課題は、「高齢者の集う趣味(絵手紙)室のある二世帯住宅(木造二階建)」と発表されました。

二級建築士
設計製図
近年二級建築士設計製図試験は、難化傾向にあるといわれますが、本年の課題もその延長線上にあり、合格を確実にするためには、高度な設計力、製図力を養っておくことが不可欠であるといえます。

1.建物内のみでなく、建物外部(外部空間、外部環境)をも勘案した総合的な計画力(エスキース力)が必要とされます。
本年の課題の趣味を介して高齢者が集う二世帯住宅については、何度か過去に出題されている二世帯住宅に付加的要素としての趣味室(教室)が加味されるもので、複雑な条件に対応した明解な動線、ゾーニングを基とした高度な計画力が要求されます。
更に近年の試験の傾向として見落してはならないのは、敷地の一部に外部空間として用途上の制限が付されたり(19年度)、敷地に隣接して公園が設けられ(18年度)、これらを適切に計画上に取り入れることが必須の条件となっていることです。以上から建物内外に対するする総合的な計画力を身につけておくことが極めて重要といえます。

2.本年の課題においては、昨年同様、要求図面の種類が未指定であることから、平面、立面、断面、矩計等に加え、床伏、小屋組等の各図面についても充分、習熟しておく必要があります。
今日では、在来木造構法の上記の図面に直接係わる機会が比較的少ないことから、相互の図面の関連を充分理解しながら計画的に身につけるよう準備して行くことが必要です。
在来木造構法の振興育成を本旨としている当会としても、様々な当会の有する在来構法に対するノウハウを試験対策講座にも反映させて行くこととしています。

 

当会の講座に資料請求された方には、当会講座の総合監修者による、重点事項対策の解説DVDを無料でプレゼントしています。