読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは、原則として毎週金曜日更新を予定しています。当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

合格への鍵(第18回)~パッシブデザインによる省エネルギー計画~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 近年、身近な問題から地球規模の問題まで環境問題は最も重要度の高いものの一つとなってきていることは、申すまでもありません。 当然、建築士試験の問題としても様々な角度から取り上げられるようになっ…

合格への鍵(第17回)~定番となったバリアフリーのための建築各部の寸法等の問題~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 今回は前回に引き続き、高齢化社会にも係わる問題として、バリアフリー化に対応する建築各部の寸法等の問題について記すこととします。 【問題1】 車椅子使用者、高齢者等の利用に配慮した公共図書館の計…

合格への鍵(第16回)~定番となりつつある高齢者福祉施設に関する問題~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 少子高齢化の問題が今日的な最重要課題となっていることは申すまでもありませんが、建築士試験の問題としても近年は、特に高齢者への建築的な対応、高齢者福祉施設等の問題は新傾向の問題から出題頻度の極…

合格への鍵(第15回)~耐震改修に関する施工の問題~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 前回(第14回)では、ストックの時代の到来による良質な社会資産の形成に向けた修繕、改修についての実例を近年、試験の出題頻度としても増加の傾向にある施工の問題を通して考えてみましたが、今回は良…

合格への鍵(第14回)~新傾向問題としての改修工事~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 前回(第13回)では、ストックの時代の到来による良質な社会資産の形成に向けた近年のリノベーション、コンバージョンの実例を計画の問題を通して考えてみましたが、今回は良質な社会資産の形成に向けた…

合格への鍵(第13回)~リノベーションからコンバージョンへ~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 前回(第12回)でも記しましたように近年は、ストック型社会の到来により、良好な社会資産の蓄積のためのリノベーションが注目されるようになってきました。 リノベーションの意味には、単なる修繕や保…

合格への鍵(第12回)~建築士の設計・工事監理に係わる職責~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 近年、ストック型社会の到来により、「スクラップ・アンド・ビルドからストック・アンド・リノベーションへ」ということが言われるようになってきました。 これは、高度成長期の社会での造っては壊し、壊…

合格への鍵(第11回)~建築士の設計・工事監理に係わる職責~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 建築士の建築士法上の役割については、第3回でも記しましたように設計・工事監理に係わる役割が主なものと位置付けられていますが、設計・工事監理に関する問題は、基本的な重要な問題として出題頻度も高…

合格への鍵(第10回)~建築協定における一人協定とは何か?~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 建築基準法には、建築物に関する諸々の単体規定や集団規定の他にも様々な規定が定められていますが、中でも建築協定は少し趣の異なる規定です。 すなわち、建築協定は、あくまでも地域の住民・市民が主体…

合格への鍵(第9回)~建築基準法における一石三鳥の誘導的基準~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ ―建築基準法における一石三鳥の誘導的基準― 建築基準法では、法の適用について一部、緩和基準が定められています。 しかしながら、それらの中には、単に法の適用を緩和するだけでなく、ある目的のために誘…

合格への鍵(第8回)~建築基準法第27条の歴史的な改正~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ ―建築基準法第27条の歴史的な改正― 近年、木造建築への見直し機運は著しいものがあります。 この動きは、単に建築の木造化の推進ということだけに留まらず、広く環境問題という見地からも、森林のCO2の吸…

合格への鍵(第7回)~建築基準法における仕様規定と性能規定~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ ―建築基準法における仕様規定と性能規定― 建築基準法は、基本的に建築物の作り方の基準を定めた法律であると考えることができます。 一般的に物の作り方を示すものを仕様書といいますが、このことから建築…

合格への鍵(第6回) ~バリアフリー法における義務化と努力義務化規定~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ ―バリアフリー法における義務化と努力義務化規定― 第2回で、近年の社会状況を反映した出題頻度の高い問題の分野として、少子・高齢化に関する分野をとりあげましたが、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化…

合格への鍵(第5回) ~法の不遡及の原則とは何か?~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ ―法の不遡及の原則とは何か?― 建築基準法第3条第1項に重要文化財等の指定を受けた建築物について、第2項に現行法が制定される前から存在していた建築物については、現行法の適用を受けないという法の適用…

合格への鍵(第4回) ~建築士事務所に関する重要な規定は何か?~

第3回で、個人としての建築士が誠実に仕事をすることと、その建築士の属する建築士事務所がしっかりしていることによって社会の負託に答えることが建築士法の基本理念となっていると記しましたが、建築士法に関する試験問題でも個人としての建築士の在り方に…

合格への鍵(第3回) ~建築士の役割は何か?~

前回では、近年、新規な問題として出題されたもので、出題頻度が高く、定番のようになってきた問題について概要を記しましたが、今回からは具体的に試験問題を通して記して行くこととします。 まず、近年、出題頻度の多くなってきた建築士法の問題について記…

合格への鍵(第2回) ~新規の問題で出題傾向として定番となりつつある問題は?~

平成21年に一級建築士試験の内容の見直しが行われ、平成24年に二級建築士試験の内容の見直しが行われて以来、必ずしも従来の出題範囲にとらわれない、いわゆる新傾向の問題、新規な問題が出題されるようになってきました。 そして、それらの中でも特に近年の…

合格への鍵(第1回) ~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~

合格への鍵(第1回) ~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ (本欄は毎週原則金曜日に更新します。当会の建築士講座講師が適宜分担して担当し、当会建築士講座監修者(元国土交通省室長)が総合監修します。) ―本当の難問とは何か?― 近年、い…