全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

建築施工管理技士「合格トピックス講座」第4回 工事管理②

〔No.1〕工事現場の管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1.高さが5mの鉄筋コンクリート造の建築物の解体作業に当たっては、「コンクリート造の工作物の解体等作業主任者」を選任しなければならない。 2.安全衛生責任者は、統括安全…

建築施工管理技士「合格トピックス講座」第3回 工事管理①

〔No.1〕工事現場の管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1.発注者は、監理者の意見に基づいて、受注者の監理技術者等のうちに、工事の施工又は管理について著しく適当でないと認めた者があるときは、受注者に対して、その理由を明示…

建築施工管理技士「合格トピックス講座」第2回 施工計画②

〔No.1〕施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 1.契約書の規定に基づく条件変更等により、実施工程表を変更する必要が生じたので、施工の進捗に支障がないよう、当該変更部分の施工と並行して変更された実施工程表の提出を受け承認…

施工管理技士「合格トピックス講座」 第1回 施工計画①

「合格トピックス講座」 この講座では、1級・2級建築施工管理技術検定の合格を目指している方々のために、建築施工の全般に係るポイントとなる問題を掲載します。1級受験・2級受験のいずれの方にも参考になるように、建築施工の工程に則して、重要基本事…

29年度一級建築士設計製図試験 合格した受講生からの声 その3

受講生から続々と、合格の声が寄せられています。講師をはじめ、事務局一同、嬉しく思います。今回も、その一部をご紹介します。 通信で受講していました。動線がうまく出来ていなければ合格はないとの講師の赤ペン添削で目が覚めた気がしました。建物を使用…

29年度一級建築士設計製図試験 合格した受講生からの声 その2

受講生から続々と、合格の声が寄せられています。講師をはじめ、事務局一同、嬉しく思います。今回も、その一部をご紹介します。 値段に対して期待以上の課題内容と量でした。実際の試験と類似の問題も出たのでとても良かったです。 一発合格することができ…

29年度一級建築士設計製図試験 合格した受講生からの声が、続々と寄せられています

21日の一級建築士設計製図試験の合格発表後、 受講生から続々と、合格の声が寄せられています。 講師をはじめ、事務局一同、嬉しく思います。 今回は、その一部をご紹介します。 本試験の記述問題で、講座で出題された問題とほとんど同じ問題が出ました。(…

「学科強力サポート教材」の有効活用法!

一級、二級建築士の学科試験合格を目指し、当会の学科系の講座(総合コース)をお申込みされた方に、12月28日までの期間限定特典として差し上げている「学科強力サポート教材」というものがあります。 (現在の受講生のみなさんは、もう既に活用していますね…

一級建築士設計製図 『課題発表前からのスタートが合格の鍵となる理由』

1課題発表前からの合格の鍵となる建築計画力の徹底指導! 本会講座の演習課題は、毎年本試験の課題内容と結果的に類似の内容をも多く含んだものともなっておりますが、あくまでも、本試験での合格を確実にするためには、総合的な建築計画力を身に付けておく…

建築士事務所に関する重要な規定は何か?

建築士事務所に関する重要な規定は何か? 第3回で、個人としての建築士が誠実に仕事をすることと、その建築士の属する建築士事務所がしっかりしていることによって社会の負託に答えることが建築士法の基本理念となっていると記しましたが、建築士法に関する…

29年度の一級建築士設計製図試験の総評

================================== 小規模なリゾートホテル ================================== ◆ 29年度の一級建築士設計製図試験の課題条件は、概して奇をてらったような条件は含まれておらず、概ねオーソドックスな内容のものであったといえます。但し…

建築士の役割は何か?

建築士の役割は何か? 前回では、近年、新規な問題として出題されたもので、出題頻度が高く、定番のようになってきた問題について概要を記しましたが、今回からは具体的に試験問題を通して記して行くこととします。まず、近年、出題頻度の多くなってきた建築…

新傾向の問題で 出題頻度が高く定番となりつつある問題は?

新傾向の問題で出題頻度が高く定番となりつつある問題は? 平成21年に一級建築士試験の内容の見直しが行われ、平成24年に二級建築士試験の内容の見直しが行われて以来、従来の出題範囲にとらわれない、いわゆる新傾向の問題、新規な問題が出題されるようにな…

本当の新傾向の問題とは何か?

(平成30年度)―本当の新傾向の問題とは何か?― 近年、いわゆる従来出題されたことのない事項に関する、新傾向・新規な問題が出題されるようになってきて、その分だけ試験の難度が上がってきたともいわれます。実際、平成18年度の建築士法改正に伴う建築士試…

30年度二級建築士試験の合格を目指すみなさまへ! 29年度受講生からの声:ご紹介

30年度二級建築士試験の合格を目指すみなさまへ! 29年度二級建築士講座の受講生からの声がぞくぞくと届いています。今回はその一部を表にまとめてみました! www.kenchikukouza.org

平成29年一級建築士設計製図 課題発表 第2報!

平成29年一級建築士設計製図 課題発表 第2報! 平成29年一級建築士設計製図試験の課題が以下のように発表されました。 「小規模なリゾートホテル」 【要求図書】 配置図(縮尺1/200) 地下1階平面図、1階平面図、2回平面図(縮尺各1/200) 断面図(縮尺1/200…

平成29年一級建築士設計製図 課題発表 第一報!

平成29年一級建築士設計製図 課題発表 第一報! 平成29年一級建築士設計製図試験の課題が以下のように発表されました。 「小規模なリゾートホテル」 【要求図書】 配置図(縮尺1/200) 地下1階平面図、1階平面図、2回平面図(縮尺各1/200) 断面図(縮尺1/20…

平成29年二級建築士学科試験の講評

本年の学科試験の内容は、一部に、平成24年の試験内容の見直し以降の傾向の延長線上ともいえる過去の問題の出題範囲外からの新規の設問も見られたものの、総じて、大方の問題は、過去の出題範囲内の事項についてのしっかりした知識と深い理解を有していれば…

二級建築士設計製図講座 7月8・9日開講!

二級建築士学科試験後、7月8日、9日より二級建築士設計製図講座が開講します! 本年度の通学教室は、 土曜教室は、 ①新宿教室、②渋谷教室(新設予定)、③大阪教室(2教室)の4会場、 日曜教室は、 ①渋谷教室(2教室:1教室は増設予定)、②高田馬場教室、③横…

6月18日!二級建築士 早期設計製図受験講座 開講!29年度本試験課題発表直後からスタートダッシュ!

受講生数の増加に伴い、 ①「高田馬場教室(日曜教室)」(ほぼ定員) ②「渋谷教室(土曜教室)」 ③「関西A教室(日曜教室)」の3教室を新設することになりました。 当該教室を、受験経験者を対象とした受講生を中心とした教室とする予定です。 (2017.5.13…

合格への鍵(第18回)~パッシブデザインによる省エネルギー計画~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 近年、身近な問題から地球規模の問題まで環境問題は最も重要度の高いものの一つとなってきていることは、申すまでもありません。 当然、建築士試験の問題としても様々な角度から取り上げられるようになっ…

合格への鍵(第17回)~定番となったバリアフリーのための建築各部の寸法等の問題~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 今回は前回に引き続き、高齢化社会にも係わる問題として、バリアフリー化に対応する建築各部の寸法等の問題について記すこととします。 【問題1】 車椅子使用者、高齢者等の利用に配慮した公共図書館の計…

合格への鍵(第16回)~定番となりつつある高齢者福祉施設に関する問題~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 少子高齢化の問題が今日的な最重要課題となっていることは申すまでもありませんが、建築士試験の問題としても近年は、特に高齢者への建築的な対応、高齢者福祉施設等の問題は新傾向の問題から出題頻度の極…

合格への鍵(第15回)~耐震改修に関する施工の問題~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 前回(第14回)では、ストックの時代の到来による良質な社会資産の形成に向けた修繕、改修についての実例を近年、試験の出題頻度としても増加の傾向にある施工の問題を通して考えてみましたが、今回は良…

一級建築士 設計製図受験対策講座受講生からの「講座の感想」のご紹介

一級建築士の設計製図受験対策講座の受講生から寄せられた「講座を受講しての感想」をご紹介します。たくさんご紹介したいのですが、ここではその一部とさせていただきます。 【講義全体について】 先生の丁寧な添削とわかりやすいアドバイスが大変参考にな…

一級建築士学科受験対策講座受講生からの感想のご紹介

昨年の一級建築士学科受験対策講座の受講生から寄せられた「講座の感想」の一部をご紹介します。 【講義内容について】 学科Ⅰ 計画 【通学コース】講義では介護施設関係に関係する問題の解説がわかりやく、過去問を解くときは間違えずに解けました。 【通学…

合格への鍵(第14回)~新傾向問題としての改修工事~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 前回(第13回)では、ストックの時代の到来による良質な社会資産の形成に向けた近年のリノベーション、コンバージョンの実例を計画の問題を通して考えてみましたが、今回は良質な社会資産の形成に向けた…

合格への鍵(第13回)~リノベーションからコンバージョンへ~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 前回(第12回)でも記しましたように近年は、ストック型社会の到来により、良好な社会資産の蓄積のためのリノベーションが注目されるようになってきました。 リノベーションの意味には、単なる修繕や保…

合格への鍵(第12回)~建築士の設計・工事監理に係わる職責~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 近年、ストック型社会の到来により、「スクラップ・アンド・ビルドからストック・アンド・リノベーションへ」ということが言われるようになってきました。 これは、高度成長期の社会での造っては壊し、壊…

合格への鍵(第11回)~建築士の設計・工事監理に係わる職責~

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~ 建築士の建築士法上の役割については、第3回でも記しましたように設計・工事監理に係わる役割が主なものと位置付けられていますが、設計・工事監理に関する問題は、基本的な重要な問題として出題頻度も高…