全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

合格への鍵(第14回)~新傾向問題としての改修工事~

f:id:zenchikai:20170113152242p:plain

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~

前回(第13回)では、ストックの時代の到来による良質な社会資産の形成に向けた近年のリノベーション、コンバージョンの実例を計画の問題を通して考えてみましたが、今回は良質な社会資産の形成に向けた修繕、改修について施工の問題を通して考えてみることとします。

 

【問題1】 鉄筋コンクリート造の既存建築物の外壁改修工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. コンクリートの中性化の進行に伴う鉄筋の腐食の補修において、鉄筋の腐食に対する恒久的な補修工法として、腐食した鉄筋を斫(はつ)り出し、錆(さび)を除去した鉄筋に浸透性吸水防止剤を塗布した後に、コンクリートの欠損部にポリマーセメントモルタルを充填(てん)した。
  2. タイル張り仕上げ外壁の改修において、タイルの大きさが小口タイル以上のタイル陶片の浮きについては、注入口アンカーピンニングエポキシ樹脂注入タイル固定工法を採用した。
  3. 塗り仕上げ外壁の改修において、既存塗膜を除去する必要がなかったので、水洗い工法により塗膜表面の粉化物や付着物を除去し、上塗りのみ塗り替えた。
  4. モルタル塗り仕上げ外壁の欠損部を充填(てん)工法で改修する場合において、欠損範囲が直径20cm程度で、充填(てん)する厚さが約10mmであったので、ポリマーセメントモルタルを2層に分けて塗り重ねて充填(てん)した。

 

この問題は、平成22年一級建築士施工の問題で、いずれも、鉄筋コンクリート造の外壁改修に関する設問です。

設問1は、躯体コンクリートの中性化の進行に伴い、腐食が進んだ鉄筋の補修方法を問うもので、鉄筋の錆を除去した後に鉄筋コンクリート防錆剤を塗布することがポイントとなっており、設問1は誤りです。

設問2,3,4は仕上の補修方法に関する設問で、設問2,3,4は全て正です。

これらの設問の内容自体は特に難しいものではありませんが、いずれも補修方法の具体的内容についてのしっかりした理解がないと単なる記憶だけに頼るのでは解くのが難しい設問です。

 

【問題2】 改修工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. アルミニウム製建具の改修工事において、既存建具の枠に著しい腐食がなかったので、既存建具の外周枠を残し、その枠に新規のアルミニウム製建具を取り付けた。
  2. 合成高分子系ルーフィングシート防水の既存防水層撤去後のコンクリート面において、幅2mm以上のひび割れに対しては、ポリマーセメントモルタルで補修した。
  3. 内装改修工事において、ビニル床タイルの接着剤には、特記がなかったので、ホルムアルデヒド放散量による区分の等級が「F☆☆☆☆」のものを使用した。
  4. 井内の既存壁の撤去に伴い、取り合う天井の改修範囲は、特記がなかったので、壁面より両側600mmとした。
  5. 外壁改修工事の高圧水洗工法による既存塗膜の除去において、高圧水洗機の加圧力は、試験施工を行い決定した。

 

問題2は、平成26年二級建築士施工の問題で、建具、仕上げ補修についての設問からなる問題ですが、設問2は、既存防水層撤去後のコンクリート面の下地補修及び処置においては幅2mm以上のひび割れに対しては、グラインダーを用いてU字の溝をあけ、そこにポリマーセメントモルタル等のポリウレタン系シーリング剤を充填することが、補修法としての原則ですので設問2は誤りです。

また、設問1,3,4,5は正で、全て補修方法としては基本的な知識を問うものですが、問題1と同様に具体的に補修方法の内容をしっかり理解しておかないと単なる表面的な記憶のみでは対処できない設問であるといえます。

 

以上のような施工における改修工事に関する問題は、良質な建物を改修して出来るだけ永く使うというストックの時代を反映して、従前に比して近年は出題頻度が著しく増加傾向にあるので注意が必要です。

なお、施工全般にわたる傾向として、設問の内容自体は構造などの科目の設問に比し、理論的に難しいものは多くありませんが、他方、単に表面的な記憶に頼ることでは対処できず、あくまでもしっかりした内容の理解に裏打ちされた記憶が必要であることに留意しておく必要があります。

合格への鍵(第13回)~リノベーションからコンバージョンへ~

f:id:zenchikai:20170113152242p:plain

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~

前回(第12回)でも記しましたように近年は、ストック型社会の到来により、良好な社会資産の蓄積のためのリノベーションが注目されるようになってきました。

リノベーションの意味には、単なる修繕や保全から一歩進んで、本来の価値に対して新たな価値の創出を目指すというような意味があります。

そして、本来のその建物の用途から他の用途に転用することによって更にその価値を増すコンバージョン(転用)の例も多く見られます。

コンバージョンといわれるこれらの流れは近年の国内・海外での潮流ともなってきており、建築士試験でも出題頻度の高い問題となってきています。

 

【問題1】 建築物の保存、再生等の事例に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. ヴェローナ(イタリア)のカステルヴェッキオ美術館は、歴史的建造物であった市庁舎を市立美術館へ再生させたものである。
  2. ロンドン(イギリス)のテイト・モダンは、第二次世界大戦後の復興時に建設された火力発電所をモダンアートの美術館へ再生させたものである。
  3. パリ(フランス)のオルセー美術館は、鉄道の駅舎を印象派の作品を中心とする美術館へ再生させたものである。
  4. 札幌市のサッポロファクトリーは、ビール工場の煉瓦(れんが)造の建築群を複合商業施設へ再生させたものである。

 

この問題は、平成24年一級建築士計画の問題です。

設問1は、14世紀のゴシック様式の城が市立美術館に転用されていたものを、更に建築家カルロ・スカルパが手を加え改修・再生させたもので、設問1は誤りです。

設問2は、ロンドンのテイト・モダンは、火力発電所を美術館へ再生させたものであり、吹抜けの大空間を特徴とするもので、正です。

設問3は、パリのオルセー美術館は、駅舎の大空間を生かしてパリ有数の美術館へ再生させたもので、正です。

設問4は、サッポロファクトリーは、ビール工場の煉瓦造の建築群を大きなアトリウムや地下通路等で結合し、複合商業施設としたもので、正です。

 

改修により本来の用途と異なる他用途の施設へのコンバージョン(転用)の以上のような例は、いずれも単に建物の他用途への転用ということだけに留まらず、コンバージョンにより新たな建築的価値を創造し、優れた新たな建築物として再生した例といえるものです。

今後、以上のようなコンバージョンの流れは、我国の各地における少子化による小学校の老人福祉施設への転用等の事例にもみられるように、更に加速した潮流となる傾向にあります。

 

【問題2】 都市の再生に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. ロンドンのドックランズ再開発計画は、港湾機能の低下によって衰退したテムズ川沿いの旧港湾地区に複合機能をもたせたプロジェクトである。
  2. ベルリンのポツダム広場再開発計画は、第二次世界大戦とその後の東西分断によって長年更地であった敷地に複合機能をもたせたプロジェクトである。
  3. ソウルの清渓川(チョンゲチョン)復元事業は、首都の中心部を貫通する高架道路を撤去し、かつての河川水辺空間を復元させたプロジェクトである。
  4. イタリアのウルビーノ都市基本計画は、炭鉱の産業遺産を再利用しながら都市全体を再開発したプロジェクトである。

 

この問題は、平成27年度一級建築士計画の問題で、この問題の設問は、地域・地区の再開発等により新たな機能を持つ地域・地区等へ再生させた例からなっています。

設問1は、かつてテムズ川沿いにあった時代の流れにより衰退していた荷役用のドックの拠点地区を、広大な超高層複合ビルなどが建ち並ぶ地区に再生させた例で、正です。

設問2は、長年更地であったベルリンのポツダム広場地区を再開発によって、事務所、店舗、住宅、映画館、博物館など、複合的な多機能を有する地区に再生させた例で、正です。

設問3は、長年高架道路に覆われ暗渠化していたソウルの清渓川の上に架かる高架道路を撤去し人工の河川水辺空間を再生させた例で、正です。

設問4は、ルネサンス期の建築物が多く遺るイタリアのウルビーノ地区をウルビーノ歴史地区として再整備し再生させた例なので、誤りです。

 

以上のような地域・地区の再生の例は、問題1のような特定の建築物等の再生の実例に対して、いわば面的な広がりを持つもので、我国においても、近年、歴史的建築物群を中心とした地区の整備、再生プロジェクトなど様々な実施例が見られるようになってきており、今後それらを反映した試験問題の出題にも留意しておく必要があります。

合格への鍵(第12回)~建築士の設計・工事監理に係わる職責~

f:id:zenchikai:20170113152242p:plain

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~

近年、ストック型社会の到来により、「スクラップ・アンド・ビルドからストック・アンド・リノベーションへ」ということが言われるようになってきました。

これは、高度成長期の社会での造っては壊し、壊しては造って型の社会から、改修・改良により良好な資産の蓄積を図って行く、成熟期を迎えた社会への転換とでも言う意味であると考えられます。

このような近年の社会状況を反映して、建築士試験でも修繕・改修やそれによる他用途への転用(コンバージョン)に関する問題が新傾向の問題として出題されるようになってきて、徐々に出題頻度の高い定番の問題となりつつあります。

 

【問題1】 建築物の保存、再生、活用等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 東京駅丸の内駅舎(東京都千代田区)は、赤レンガのファサードをもつ駅舎であり、特例容積率適用地区制度を活用して、未利用容積を周辺建築物に売却・移転したうえで、保存・復原したものである。
  2. 目黒区総合庁舎(東京都目黒区)は、民間企業の本社屋として建築された建築物を、耐震補強、設備改修等を行ったうえで、庁舎として再生・転用したものである。
  3. 神奈川県立近代美術館鎌倉館(神奈川県鎌倉市)は、竣工時の形状を損なうことなく地震に対する安全性を高めるため、免震レトロフィット工法を採用し、保存・改修したものである。
  4. 旧門司税関(福岡県北九州市)は、明治・大正時代の歴史的建造物を活かしたまちづくり(・・・・・)である「門司港レトロ事業」の一環として、明治45年に建築された税関庁舎を、港湾緑地の休憩所等として再生・活用したものである。

 

この問題は、28年度一級建築士計画の問題です。

この問題は、いずれも近代建築史上の注目すべき建物について、その建物をどのように修復・改修したかという設問と修復・改修後に他用途にどのように転用されて使用されているかという設問からなっています。

いずれも近代建築史上の詳しい知識を要する設問からなる比較的高度な問題であると言えます。

 

設問1の東京駅は、戦災による仮復旧の跡を戦後長らく留めていたものを、近年、東京駅敷地の容積率の一部を周辺の高層ビルの敷地へ売却する制度の活用による売却費を建設費用の一部に充当すること等により、辰野金吾設計の原型に復元したもので、設問1は正です。

設問2の目黒区総合庁舎は、元は村野藤吾設計による民間保険会社の本社であった建物を耐震補強・設備改修等を行った後に目黒区の庁舎として再生・転用(コンバージョン)したものですので、設問2は正です。

設問3の神奈川県立近代美術館(鎌倉館)は、坂倉準三設計による戦後の本格的な近代美術館の第一号ですが、保存のための耐震改修に免震レトロフィット工法は採用していないので、設問3は誤りです。

なお、設問3の記述は、コルビュジェ設計の国立西洋美術館の耐震改修に関する内容です。

設問4の旧門司税関は、かつて国際貿易港として栄えた門司港を、活気ある都市に再生するために歴史的建物を修復・復元する事業である「門司港レトロ地区事業」の一環として、旧税関庁舎を港湾緑地の休憩所等に再生・転用したものであるため、設問4は正です。

 

【問題2】 集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. コーポラティブハウスは、住宅入居希望者が組合を作り、協力して企画・設計から入居・管理まで運営していく方式の集合住宅である。
  2. 中廊下型は、一般に、住棟を東西軸に配置することが多い。
  3. スキップフロア型は、一般に、共用廊下を介さずに、外気に接する2方向の開口部を有した住戸を設けることができる。
  4. 4人家族が入居する住戸の都市居住型の誘導居住面積水準の目安は、95㎡である。
  5. コンバージョンは、既存の事務所ビル等を集合住宅等に用途変更・転用させる手法である。

 

この問題は、28年度2級建築士計画の問題です。

この問題は、基本的には、集合住宅の計画に関する設問から成る問題ですが、設問5のみは、コンバージョンの意味を問うものとなっています。

設問1,3,4,5は正ですが、設問2は、中廊下型集合住宅の場合、廊下が東西方向となる東西軸型では、廊下を挟んで南向きの住戸と北向きの住戸が出来てしまうため、北向きの住戸が出来るのを避けるため、廊下が南北方向となる南北軸型とするのが一般的です。

なお、設問5のコンバージョンは、建物の元の用途から他の用途に転用・活用するという意味で、古くなった建物を壊さずに活用する保存・再生の一種として近年、様々な実例があります。

問題2は、設問1から設問4までは、既出題範囲内の設問で、設問5のみが新規の用語の意味を問う問題となっていますが、基本的な設問である設問2が誤りであることが分かれば、この問題は解けるので、新規の設問が含まれている問題であっても、実際上、この問題は既出題範囲内の基礎的な問題であると考えることもできます。

 

上記のように、保存・再生に関する問題はストック型社会の到来により、近年は出題頻度の高い問題となりつつありますが、この種の問題には、近代建築史の知識が欠かせないものが多いため、一種の近代建築史に係わる問題と考えることもできます。

なお、問題2におけるように、新規の設問と既存範囲からの基礎的設問が含まれていて、後者の設問が分かれば問題が解けるような場合には、基礎的知識がしっかり身についていることが問題を解くことが出来る鍵となることにも留意しておく必要があります。

合格への鍵(第11回)~建築士の設計・工事監理に係わる職責~

f:id:zenchikai:20170113152242p:plain

~重要必須事項について、近年の問題を通して解説~

建築士建築士法上の役割については、第3回でも記しましたように設計・工事監理に係わる役割が主なものと位置付けられていますが、設計・工事監理に関する問題は、基本的な重要な問題として出題頻度も高いため、法規の問題の一応の区切りとなる今回で改めて取り上げてみることとします。

 

【問題1】建築物の工事監理・契約に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 工事監理者は、建築物の工事が設計図書のとおり実施されているかいないかを確認しつつ、その工事を設計図書のとおりに行う責任を有している。
  2. 建築基準法においては、建築主に対して、建築士の設計によらなければならない建築物の工事を行う場合、建築士である工事監理者を選任することを義務付けている。
  3. 建築士法においては、工事監理受託契約を締結した時に交付する書面に、工事監理の実施の期間及び方法を記載しなければならないことを定めている。
  4. 工事監理業務については、一般に、「善良な管理者の注意義務(善管注意義務)」が求められており、この義務を怠り損害が生じた場合には、契約に明記されていなくても過失責任が問われることがある。

 

この問題は、平成21年一級建築士計画の問題です。

第3回でも記しましたように、近年、建築士の役割、職責に関する建築士法の問題は、一級建築士試験では、計画の問題として出題される定番となっています。

この問題には、いくつかの建築士法上の重要事項が含まれています。

設問1は、工事監理者は、工事施工者が行う建築工事が設計図書のとおりに実施されているか否かを確認し、建築工事が設計図書の通りに実施されていないと認めるときは、直ちに工事施工者に是正を求め、従わないときはその旨を建築主に報告する義務を有していますが、設計図書のとおりに工事を行う責任は有していないので、設問1は誤りです。

設計図書のとおりに工事を行う責任は施工管理者が有しています。

設問2は、建築基準法5条の4により、必ず工事監理者を選任することが義務付けられているため、設問2は正です。

設問3は、建築士法24条の8により、正です。

設問4は、工事監理業務は民法上の委任行為であるため、善良な管理者の注意義務が求められており、このため、善良な管理者の注意義務を怠ったために生じる契約に明記されていない事項についての過失責任を問われることもあるため、設問4は正です。

 

【問題2】 建築士事務所に所属し、建築に関する業務に従事する建築士に関する次の記述のうち、建築士法上、正しいものはどれか。

  1. 二級建築士は、鉄骨造3階建、延べ面積150㎡、高さ11m、軒の高さ9mの事務所の新築に係る設計をしてはならない。
  2. 二級建築士は、勤務先の名称に変更があったときは、その日から30日以内に、その旨を、免許を受けた都道府県知事及び住所地の都道府県知事に届け出なければならない。
  3. 二級建築士は、他の二級建築士の設計した設計図書の一部を変更しようとするときは、当該二級建築士の承諾を求めなければならず、承諾が得られなかったときは、その設計図書の一部を変更することができない。
  4. 建築士は、工事監理を終了したときは、直ちに、その結果を文書等で建築主事又は指定確認検査機関に報告しなければならない。
  5. 二級建築士は、5年ごとに、登録講習機関が行う所定の二級建築士定期講習を受けなければならない。

 

この問題は、平成25年2級建築士法規の問題です。

先に記しましたように、近年、建築士の設計・工事監理等の職責に関する問題は、一級建築士試験では計画の科目で出題されるのに対し、二級建築士試験では法規の科目で出題されるという違いはあるものの、問題のレベル等についての違いは特にありません。

設問1は、士法第3条第1項によりこの場合の建築物は二級建築士が設計することができるため、誤りです。

設問2は士法第5条の2第2項及び施行規則第8条1項により正です。

設問3は、建築士法における設計変更に係わる規定で、建築士の職責として重要な内容のものが含まれているため、特に留意しておく必要があります。

すなわち、建築士は、他の建築士の設計図書を変更しようとするときは、まず、その設計図書の設計に係わった建築士の承諾を求めなければなりません。

但し、承諾を求めることができない場合(例えば、既に死亡している場合等)や承諾を求めることができても、承諾が得られなかった場合(意見の相違等により)、それでも変更しなければならない理由等がある場合(元の設計図書の通りに工事を進めると危険が生ずる等)には、設計変更をする建築士自己の責任において、元の設計者である建築士の承諾なしに変更することができると規定されているため(士法第19条)、設問3は誤りです。

なお、上記のように、設計変更をする場合には元の設計者の承諾を求めることが基本原則で、承諾なしに自己の責任において設計変更を行うのは、あくまでもやむを得ない場合に限られることに注意する必要があります。

設問4は、士法第20条3項により、建築士は工事監理を終了したときには、直ちに、その結果を建築主に報告しなければならないので、設問4は誤りです。

設問5は、建築士は、3年に一度、登録講習機関の行う定期講習を受けなければならないこととされているため、誤りです(士法第22条の2第二号別表第2(ニ)、施行規則第17条の36)。

なお、定期講習の受講を義務付けられている建築士は、あくまでも建築士事務所に所属している建築士に限られており、その理由は設計、工事監理等を行うことができるのは、建築士事務所に所属している建築士に限られることに関係していることに特に留意しておく必要があります。

 

上記の問題1、問題2は、第3回で解説した問題と併せ、建築士法上の重要な規定に係わるものが含まれており、出題頻度も高く、また、建築士の業務、職責を考える上でも留意しておく必要がある重要事項です。

1月22日・2月5日開講です!二級建築士長期設計製図「導入」講座!

29年の二級建築士設計製図試験の合格を目指している方にご案内です!

平成29年1月22日2月5日に、

二級建築士長期設計製図講座のスタートアップ講座である「導入講座」を渋谷教室で実施します。

この導入講座は、

1月22日「設計編」2月5日「製図編」になります。

なお、

この導入講座は「通信講座用DVDとしても収録する講義」です。渋谷教室に通えない遠方の方もDVD学習ができるので安心です!

 

どちらも、じっくり6時間!計12時間の講座です。

 

前半の「設計編」では、二級建築士の設計製図試験における「建築計画力」、

ずばり、設計条件の読み解き方」から導き出される「ゾーニング」→「エスキス」の流れを徹底解説します!

 

「設計条件」をどう読み解けば良いのか! 

どう読み解き、エスキスに結び付かせるのか! じっくり解説します。

この講義で、これまでの固定観念が一変するかもしれませんね。

 

29年度の設計製図試験の受験を考えておられる方で、

何から始めれば良いのかすら分からない。。。っていう方でも、

目からウロコの講義になるでしょう。

 

後半の「製図編」では、「作図力」の徹底解説講義です。

二級建築士の設計製図試験での各種図面の作図の流れやその手法を、詳細に解説します。

どの程度かかなければならないのか?

逆に言えば、

どの程度かけていれば良いのか

その乖離を明確に把握することが、時間短縮の鍵となります!

 

29年度の設計製図試験の合格を目指されている方は、必見です!

追記:4月

講座をお申込みの方には、上記の講義を収録したDVDを無料で進呈します。

詳しくは下記の全日本建築士会のホームページをご覧ください。

www.kenchikukouza.org

1月29日・2月12日開講です!一級建築士長期設計製図「導入」講座!

29年の一級建築士設計製図試験の合格を目指している方、必見です!

平成29年1月29日2月12日に、

一級建築士長期設計製図講座のスタートアップ講座である「導入講座」を渋谷教室で実施します。

 

この導入講座は、

1月29日が「設計編」、2月12日が「製図編」になります。

どちらも、じっくり6時間!計12時間の講座です。

 

前半の「設計編」では、一級建築士の設計製図試験における「建築計画力」

ずばり、「プランニング」のセオリーを徹底解説します!

 

一級建築士の設計製図試験の「解き方」を、じっくり解説します。

この講義で、これまでの個人個人の考え方が一変すると思います。

目からウロコの講義になるでしょう。

 

後半の「製図編」では、「作図力」の徹底解説講義です。

一級建築士の設計製図試験での作図の流れやその手法を、詳細に解説します。

どの程度かかなければならないのか?

逆に言えば、

どの程度かけていれば良いのか!

その乖離を明確に把握することが、時間短縮の鍵となります!

 

29年度の設計製図試験の合格を目指されている方は、必見です!

また、この導入講座は「通信講座用DVDとしても収録する講義」です。渋谷教室に通えない遠方の方もDVD学習ができるので安心です!

詳しくは全日本建築士会のホームページをご覧ください。