全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

施工管理技士「合格トピックス講座」 第1回 施工計画①

「合格トピックス講座」

 

 この講座では、1級・2級建築施工管理技術検定の合格を目指している方々のために、建築施工の全般に係るポイントとなる問題を掲載します。1級受験・2級受験のいずれの方にも参考になるように、建築施工の工程に則して、重要基本事項に係る問題を取り上げて行くこととします。

 

 第1回 施工計画①

 

〔No.1〕施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.工期全体にわたる工事の実施について作成された実施工程表(全体工程表)は、施工の順序及び工期全体を監視できるものであり、大きな設計変更等があった場合には、速やかに訂正されなければならない・

2.総合施工計画書は、工事の着手に先立ち、総合仮設を含めた工事の全般的な進め方や、主要工事の施工方法、品質目標と管理方針、重要管理事項等の大要を定めたものである。

3.建設業法に基づき施工体制台帳を作成した特定建設業者は、建設工事の目的物を発注者に引き渡すまで、その施工体制台帳を工事現場に備え置く必要がある。

4.建築物の新築工事において、積載荷重1tの本設エレベーターを工事用として仮使用する場合、あらかじめエレベーター設置報告書を労働基準監督署長あてに提出することにより、エレベーターの据付工事完成直後から使用することができる。

解説

4.積載荷重1t以上のエレベーターの工事使用は、落成検査の検査証の交付後でなければならない。(労働安全衛生法

2、3は、それぞれ日本建築学会「建築工事における工程の計画と管理指針・同解説」、JASS、建設業法に定められている。

正解 4

 

〔No.2〕施工計画等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.工種別の施工計画書については、どの工事においても共通的に利用できるように便宜的に作成されたものではなく、対象となる個別の工事について具体的に検討したうえで作成する必要がある。

2.請負者は、工事の総合的な計画をまとめた総合施工計画書を作成し、設計図書に指定のない仮設物等・も含めて、監理者の承認を受ける必要がある。

3.工程表を作成するに当たっての気候、風土等の影響」、「施工計画書の作成及び承認の時期」、「試験の時期及び期間」、「仮設物の設置期間」等を考慮するとともに、これらの事項に対する余裕も考慮する必要がある。

4.建設業法に基づき施工体制台帳を作成した特定建設業者は、建設工事の目的物を発注者に引き渡すまで、その施工体制台帳を工事現場に備え置く必要がある。

解説

2.請負者は、総合施工計画書を作成し、監理者に報告する。また、設計図書において指定された仮設物等がある場合は、総合施工計画書にその内容を記述し、監理者の承認を得る必要がある。(JASS1.4.5.b)

 なお、監理者とは委託者側の立場で施工が的確に行われていることを確認するもの(工事監理者)のことをいう。

正解 2

 

「施工管理」は多岐にわたりますが、その中でも「施工計画」はその基本となるものです。施工に係る様々な要素を総合して組み立てていくものですので、出題においても、豊富な知識と理解力を問われるものとなっています。

 管理上重要な事項に対して、どの立場でどのように対処すべきものであるのかを正しく認識することを心掛け、応用力も養成しましょう。

 

www.sekoukanrigisi.jp

29年度一級建築士設計製図試験 合格した受講生からの声 その3

受講生から続々と、合格の声が寄せられています。講師をはじめ、事務局一同、嬉しく思います。今回も、その一部をご紹介します。

  1. 通信で受講していました。動線がうまく出来ていなければ合格はないとの講師の赤ペン添削で目が覚めた気がしました。建物を使用する人の立場で図面を描ければ自ずと合格するんだと言うことを学びました。添削して頂いた講師様、また、全日本建築士会の皆様、ありがとうございました。
  2. ゾーニングの重要性を教えていただき、例題を通して身についた結果がでたのかなと思います。ありがとうございました。
  3. 先生方には毎回丁寧に指導、解説頂きましたので、私の仕事の範疇ではない知識が一級建築士製図試験で必要でしたが、大変分かり易く学ぶ事が出来ました。ありがとうございました。
  4. 今回角番受験で、それまでは大手の資格学校に通っておりましたが、時間の拘束が長く体力的にきつかったので全日本建築士会に通うことに決めました。図面の書き方はほとんど教えてくれないので初受験の人だとついていくのがしんどいと思いますが、過年度生ならすぐに課題に取り組めるのでよかったです。特に良かったと感じたのは、設備に関するチェックがきめ細かく、私は特に設備知識が少なかったので大変ありがたかったです。ありがとうございました。
  5. 長期製図の授業を受けました。本試験と似た練習問題をやったことで、エスキスをまとめられ、セキュリティ及び部門分けを十分に検討することができた。他の学校とエスキスのやり方が違っていて、全日本のやり方が自分に合っていたのも、良かったです。
  6. 講師、内容、課題数、講義ペース、受講料等について、すべて自分に合っていたと感じております。おかげさまで合格することが出来ました。ありがとうございました。
  7. 様々なパターンの課題を解いていたので、本番でもあせらずエスキスをまとめることが出来ました。
  8. 合格出来ました、ご指導いただきました先生方、ありがとうございました。
  9. 初受験で、8月上旬から勉強を始めたため、何もかも分からない状態のスタートでしたが、課題を1つ1つこなす中で着実に実力をつけることができました。
  10. 分からないことは先生に直接聞くことができたので、理解が深まりました。また、講座で取り組んだ課題はバリエーションが豊富で、本番の試験問題と似た課題があったため、本番も焦ることなく対応することができました。本当にありがとうございました。
  11. 長期設計製図担当のY先生には親切に指導していただいて 合格することができました。 以前、他の講習機関を利用していましたがあまりにも高額であるため、ネットで全日本建築士会の情報を得まして、講習内容を比較すると全日本建築士会が定額にも関わらず、指導内容は遜色がなく非常に得をした気分になりました。全日本建築士会に申込みをして合格したことを誇りに思います。
  12. 合格して良かったです。色々とありがとうございました。

www.kenchikukouza.org

29年度一級建築士設計製図試験 合格した受講生からの声 その2

受講生から続々と、合格の声が寄せられています。講師をはじめ、事務局一同、嬉しく思います。今回も、その一部をご紹介します。

  1. 値段に対して期待以上の課題内容と量でした。実際の試験と類似の問題も出たのでとても良かったです。
  2. 一発合格することができました。ありがとうございました。
  3. おかげでさまで、無事合格することが出来ました。長期コースに申込んだものの、仕事で出席出来ないこともありましたが、丁寧なご指導と、フォローのおかげで、本試験にはある程度自信を持って挑むことができました。先生には、大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。
  4. 10月ごろからテキストをいただいて勉強を始め、1月から学科、製図と通いましたが、やはり独学とは違い効率的に勉強することができたと思います。特に製図は今回初めてで、8月から取り組んだのですが、課題もいろいろ想定して出題いただいたので本番も落ち着いてできたと思います。特に露天風呂課題は助かりました。
  5. 課題量が適量だった。他の大手資格学校の知人と話をしていると、けっこう大量の課題が出ていたらしく、こなすのに一杯一杯という話を聞いていたので、同じ課題を数回こなして力がついたかと思う。解いた課題への指導は、厳しく指導してもらえたので、自身の弱点をフォローしていただけたかと思う。学科講座から引き続きN先生、T先生に御礼申し上げます。長期にわたりご指導ありがとうございました。
  6. 正直、今回の製図試験では角番で向かえました。過去の2回の試験に比べ、今回は要求内容が多く、いつも以上に作図時間を要し、また細かな指示が多く、過去2回に比べれば難しい試験だと思いました。私のほうは、長期製図に通わせて頂き、本当にいろいろと勉強になりました。他社の講座もありましたが、格安の金額で受講でき、経済的にも大変助かりました。今思えば、練習課題に似ているところも部位ごとであり、助かったと思いました。最後になりますが、私は関西教室でしたが、先生方には大変よく御指導頂き、本当にありがとうございました。いろいろと資料を提供していただいたりして、お陰で力がつき合格でき大変感謝しております。
  7. 総合コースで、学科講座から受講しました。少人数で質問しやすく、土日の教室移動もスムーズでストレスなく受講することができ、とても良かったです。どの講師の方も親切丁寧でした。学科では、特に講義が分かりやすく、レジュメのまとめ方が素晴らしかったのはT講師でした。計画の勉強においてはT講師の資料のみで試験に挑み、9割近くの得点を得られました。また、製図では全10回の講義の中で試験のポイントを分かりやすく教えてくださったH講師には本当に感謝しております。自分が受かったことに未だ実感がないのですが、全日本建築士会に通わなければ合格は難しかったと思います。講師の方々をはじめ、スタッフ皆様のフォローに感謝しております。ありがとうございました。

www.kenchikukouza.org