全日本建築士会・『合格への鍵』講座

このブログは当会の建築士講座講師が適宜分担して執筆し、当会建築士講座監修者が総合監修します。

建築施工管理技士「合格トピックス講座」第4回 工事管理②

〔No.1〕工事現場の管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.高さが5mの鉄筋コンクリート造の建築物の解体作業に当たっては、「コンクリート造の工作物の解体等作業主任者」を選任しなければならない。

2.安全衛生責任者は、統括安全衛生責任者との連絡を行うとともに、統括安全衛生責任者から連絡を受けた事項の関係者への連絡等を行わなければならない。

3.高さが2m以上の作業床の端、開口部等で墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には、原則として、囲い、手摺、覆い等を設けなければならない。

4.山留め支保工の切ばり及び腹起しの取付けについては、「地山の掘削作業主任者」を選任し、その者に作業の方法を決定させるとともに作業を直接指揮させなければならない。

解説

4.労働安全衛生法第14条令6条より 山留め支保工の切ばり及び腹起しの取付けについては、「土止め支保工作業主任者」を選任し、その者に作業の方法を決定させるとともに作業を直接指揮させなければならない。

正解 4

 

〔No.2〕工事現場管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.建築物の地下工事において、海域以外の公共用水域に排出する、建設工事により発生した1日当たりの平均的な排出水の量が50㎥以上であったので、水素イオン濃度をpH9.0以下となるように管理した。

2.既存建築物の解体工事において、石綿含有成形板(その重量の0.1%を超えて石綿を含有するもの)の除去を行うので、石綿作業主任者を選任した。

3.騒音規制法に定める特定建設作業における騒音が、敷地の境界線において、85dB以下となるように管理した。

4.高さが5mの鉄筋コンクリート造の建築物の解体作業に当たっては、「コンクリート造の工作物の解体等作業主任者」を選任しなければならない。

解説

1.排水基準を定める省令第1条排水基準より 海域以外の公共用水域に排出する1日当たりの平均的な排出水の量が50m3以上である場合、水素イオン濃度はpH5.8以上8.6以下とする。

正解 1

 

 「工事管理」の中で今回は「安全管理」に関するものを選んでみました。

現場の安全管理体制については、事業所の形態や規模別による違いを学びます。「統括安全衛生管理者」と「総括安全衛生管理者」の違いなどを正しく理解しておきましょう。また各作業では、危険・有害業務について求められる「作業主任者」の専任と役割のほか、過去に出題された重要管理事項に関する基準値なども押さえておかれるとよいでしょう。

www.sekoukanrigisi.jp

 

建築施工管理技士「合格トピックス講座」第3回 工事管理①

〔No.1〕工事現場の管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.発注者は、監理者の意見に基づいて、受注者の監理技術者等のうちに、工事の施工又は管理について著しく適当でないと認めた者があるときは、受注者に対して、その理由を明示した書面をもって、これらの者の交代を含めた必要な措置をとることを求めることができる。

2.公共工事において、特別な要因により工期内に主要な工事材料の日本国内における価格に著しい変動が生じ、請負代金額が不適当となったときは、発注者又は受注者は、請負代金額の変更を請求することができる。

3.建設業の許可を受けて建設業を営む者は、請け負った建設工事を施工するときは、下請けであっても、主任技術者を置かなければならない。

4.枠組足場の組立て又は解体作業において、枠組足場上の作業については、枠組足場の段数が2段目までであれば、満18歳に満たない者を就業させてもよい。

解説

4.労働基準法第62条による年少者の就業制限業務により18歳未満の年少者を、足場の組立、解体、変更の業務(地上または床上での補助作業を除く)に就かせてはならないとされている。

正解 4

 

〔No.2〕工事現場の管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.工種別の施工計画書は、一工程の施工の着手前に、総合施工計画書に基づいて工種別に定めたものであり、一般に、施工要領書を含む。

2.設計図書間に相違がある場合の優先順位は、一般に、①現場説明書、②設計図、③質問回答書、④特記仕様書、⑤標準仕様書である。

3.受注者が、工事現場に搬入した工事材料を工事現場外に搬出する場合には、監理者の承認を受ける必要がある。

4.特定元方事業者は、元方安全衛生管理者を選任し、その者に労働災害を防止するために講じる措置のうち、技術的事項を管理させなければならない。

解説

2.JASS1.1.4より 設計図書の優先順位は①質問回答書、②現場説明書、③特記仕様書、④設計図、⑤標準仕様書である。

正解 2

 

「工事管理」では、管理に関する基礎知識が出題されます。「品質管理」とそれに係る「技術管理」、「安全管理」、あるいは「受発注に係る事項」など、どれも現場では日常行われていることですが、あらためてその基本を正しく理解することで、本試験での設問に対して確実な得点が期待できるでしょう。

www.sekoukanrigisi.jp

建築施工管理技士「合格トピックス講座」第2回 施工計画②

〔No.1〕施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.契約書の規定に基づく条件変更等により、実施工程表を変更する必要が生じたので、施工の進捗に支障がないよう、当該変更部分の施工と並行して変更された実施工程表の提出を受け承認した。

2.部材、部品等の工場生産に先立ち、工場生産者の作成した製作図、製作要領書、品質管理要領書、製品検査要領書等について、工事施工者からの提出を受け承認した。

3.近隣の安全に対して行う仮設計画に必要な一切の手段については、契約書や設計図書に特別の定めがなかったので、受注者の責任において定めた施工計画書の提出を受けた。

4.総合施工計画書は、工事の着手に先立ち、総合仮設を含めた工事の全般的な進め方や、主要工事の施工方法、品質目標と管理方針、重要管理事項等の大要を定めたものである。

解説

1.公共建築工事標準仕様書(公共建築協会)1.2.1より 実施工程表を変更する必要が生じた場合は、施工等に支障がないよう実施工程表を遅滞なく変更し、当該部分の施工に先立ち、監理者の承諾を受ける。

正解 1

 

〔No.2〕施工計画等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.特記は、標準仕様書と異なる事項や標準仕様書に含まれていない事項について、設計図書のうち、質問回答書、現場説明書、特記仕様書及び図面において指定された事項をいう。

2.地震の後に、屋外に設置されているクレーンを用いて作業を行うときは、その地震が中震(震度4)の場合であれば、クレーンの各部分の点検を省略することができる。

3.クレーン、リフト、エレベーター等から材料の取込みに使用する仮設の荷受け構台は、積載荷重等に対して十分に安全な構造のものとしたうえで、材料置場と兼用することができる。

4.品質計画、一工程の施工の確認及び施工の具体的な計画を定めた工種別の施工計画書については、原則として、当該工事の施工に先立ち作成のうえ、監理者に提出する。

解説

2.クレーン等安全規則第194条より 建設用リフトを用いて中震以上の震度の地震の後に作業を行うときは、あらかじめ、当該建設用リフトの各部分の異常の有無について点検を行わなければならない。

正解 2

 

 「施工計画」では、全体の計画にかかわるもののほか、各種の工事で特に留意すべきことなど、多岐にわたる問題が混在しています。対策としては、全体の計画に関する「総合施工計画書」や「施工体制台帳」、あるいは「工種別施工計画書」、「特記事項」などについて、その記載内容や役割などの基本を理解することが有用です。併せて、各工種に関する重要管理事項についても、過去の出題を中心に押さえておきましょう。

www.sekoukanrigisi.jp